医療クリニックで永久脱毛をするメリットとデメリット

医療クリニックで永久脱毛をするメリットとデメリット

医療レーザー脱毛は医療クリニックで施術しますが、健康保険の対象外となっているので保険は一切使えません。

なので、非常に高額な費用がかかってきます。

ただ、その分、永久性は高いと言われる事も多く、確実にムダ毛にさよならしたいと思ってる人には魅力的です。

安心して脱毛の施術を受けれるのが大きなメリット

更に医療の専門家ですので、万が一お肌にトラブルは起きても安心という点も大きなメリットになります。

皮膚へのダメージが非常に少なく脱毛ができるのでお肌の弱い人にも心強いです。

乾燥肌や敏感肌など、皮膚の状態に関わらず、施術を受ける事ができるのもメリットではないでしょうか?

病院の医師が個人の肌質や毛質をしっかりチェックしてからの施術で、看護師ももちろん有資格者ですので安心です。

エステだと、偏見かもしれませんが、見た目のきれいな若い女性が施術することが多いような気がします(笑)。

更に痛みが気になるニードル脱毛も医療機関であれば医師による麻酔で痛みを軽減できるので、産毛が気になるけどレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では対処出来なくて...と悩んでいる人にも適しています。

デメリットはやはり医療脱毛に掛かる費用

デメリットはやはり医療脱毛に掛かる費用

ただ、何と言っても高額なのがデメリットになってしまいます。

もちろん安価な故、混んでいてなかなか予約が取れない、予約を変更しづらいというサロンのデメリットは解消してくれるかもしれません。

高額な費用を支払って時間や便利を手に入れるということですね。

なかなか価格が下がらないのは競合することが少ないという医療機関ならではの特徴のようです。

永久性、安全、利便性に高額な金額を支払うかどうか、迷いどころではありますが、中でも安心においては医師が施術という点でかなり大きな割合を占めるとは思います。

結論!それでも医療脱毛はメリットの方が大きい

ここまで医療脱毛のメリットとデメリットを紹介して来ましたが、結論としてはメリットのほうがはるかに大きいということです。

脱毛の永久性と確実性、施術完了までの期間が短いこと、安心して脱毛できる環境など、デメリットを十分補う魅力があります。

また、以前は痛みや料金などがデメリットとしてあげられていましたが、今は脱毛マシンが進化したこともあり、痛みもかなり少なくなりました。

同時に脱毛スピードも速くなったことで料金も大幅に安くなり、脱毛サロンでの施術料金とほとんど差も無くなってきています。

これらの点を考え、脱毛をする場合は脱毛クリニックでの医療脱毛を一度検討してみてはいかがでしょうか。