脱毛サロンの脱毛マシーンの脱毛力と安全性

露出が多くなる夏はもちろん、友人の結婚式でドレスを着たり、ご自分の結婚式でウェディングドレスを着る時など気になるのがムダ毛の処理です。

自己処理では毛深い部分の毛穴が目立ってしまったり、自己処理後の肌荒れで綺麗な仕上がりになかなかならないなどお悩みの方も多いですよね。

そこで思い切ってはじめたいのが脱毛サロンでの脱毛です。最近はネットの広告やテレビCMなどでも脱毛サロンの紹介を見かけますよね、「初回限定で初月○○円!」や「ワキ脱毛○○円!」といったお得なキャンペーンもやっています。

値段も全身脱毛で11万円〜20万円ですので、比較的気軽にはじめやすいのが魅力です。

「脱毛サロンで脱毛しようかな」と思ったら、気になるのが脱毛サロンで使用されている光脱毛のマシンの性能です。どれくらいの脱毛力があるのかで施術後の効果が決まりますのでちょっと気になりますよね。

また、肌に直接光を照射して脱毛するものですから、安全性なども気になります。

脱毛マシンの安全性って本当に大丈夫なの?

まず脱毛サロンで使用されている光脱毛の安全性はとても高いとされています。

この光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、いずれもインテンス・パルス・ライトという光を利用した脱毛方法です。

毛というのはとても濃いメラニン色素を持っていますので、光はこのメラニン色素に反応してピンポイントで部分照射します。そうすると毛根部分が破壊され毛が抜け落ちます。

同時に毛母細胞の一部も破壊されますので、破壊された毛母細胞の部分からは毛が再生しなくなるという仕組みになっています。

毛根を破壊と聞くとなんだか肌にもダメージを与えてしまいそうなイメージがありますが、濃いメラニン色素にのみ反応して照射しますので基本的に肌を焼いてしまうことはありません。

光脱毛機にはいくつかの種類がありますが、脱毛サロンでは特に安全性の高いものを選んで導入しています。

「でもうっかり強い照射で肌を傷つけてしまうことはない?」と思う方もいるかもしれませんが、実はこうした光脱毛機は照射時に皮膚に当たる温度が一定以上を超えないように作られています。

そのため、技術者のミスで強い照射を当ててしまう事はありません。これだけでも安心ですね。

また、皮膚に有害な紫外線を取り除く特殊なフィルターを持っています。肌に有効な可視光線だけを照射しますので、脱毛をしながら肌の調子を整える効果も得られるのです。

脱毛マシンの脱毛力は?国産と外国産では性能に違いはあるの?

では、脱毛マシーンの性能・脱毛力はどのくらいのものなのでしょうか?

脱毛マシンには国産と外国産がありますが、基本的に新しい脱毛機であれば仕上がりの差はほとんどないとされています。

つまり、脱毛ラボで脱毛してもミュゼで脱毛をしても施術後の仕上がりに大きな差はないということですね。

ただ、やはり脱毛機の種類によって施術時の痛みや範囲などが違ってきますのでご自分の肌との相性というものが関係してくる場合があります。

Aの光脱毛機では痛みを感じないのに、Bの光脱毛機では痛みを感じる…という場合がありますので、肌との相性を見るためにカウンセリング時にテスト照射をしてもらうのをオススメします。

また、エステティシャンの技術によっては打ちもらし(的確な照射が出来ず部位の境目などにムダ毛が残ってしまう事)が生じてしまい、出来上がりにムラを感じる事があります。これはエステティシャンの経験や技術力が未熟であるために起こるトラブルです。

脱毛サロン側が施術前のケアやアフターケアを充分にしてくれない場合も、肌トラブルを生じてしまう原因になりますので注意が必要です。

純国産のマシーンは特に痛みを感じにくいとされ、エステティシャンも扱いやすいためより安全な光脱毛機で施術をしてもらいたいと考える方は純国産の脱毛マシーンを使用している脱毛サロンを選ぶといいですよ。